オフショア開発, オフショア開発の基本, 失敗しないオフショア開発

失敗しないオフショア開発会社の探し方と比較のポイント

68 View

オフショア開発会社の比較は難しい

オフショア開発を行いたいけれど、どうやってオフショア開発会社を選んだら良いか分からない。

このようなお悩みはありませんか?
オフショア開発会社を選ぶための有益な情報を得ることは簡単ではありません。
そのため、「オフショア開発会社のウェブサイトを見て、担当者と打ち合わせをして良さそうなところに決める。」のような選び方をすることが少なくありません。
この記事では、失敗しないためのオフショア開発会社の探し方と比較のポイントについて説明していきます。

なぜオフショア開発会社の比較は難しいのか?

なぜオフショア開発会社の比較は難しいのか?
システム開発を含めて、オフショア開発会社の比較が難しい理由は

・頻繁にある業務ではないため、知見がたまりにくい
・クチコミや評判の情報が少ない
・発注前に品質を予想することが難しい

ことが挙げられます。

頻繁にある業務ではないため、知見がたまりにくい

システム開発の発注業務は、一般的にはそれほど多くはない業務です。
そのため、失敗事例などの知見がたまったり、改善サイクルが回しにくい業務になります。

クチコミや評判の情報が少ない

前述の頻繁にある業務ではない理由と似た理由になりますが、頻繁に発生する業務ではないため、第3者のクチコミや評判など、客観的な評価に関する情報を得られにくいです。
オフショア開発会社のウェブサイトなどに開発事例などが載っていることで、参考にすることはできますが、オフショア開発会社から発信された情報では、信憑性に欠けたり、うまくいったプロジェクトのみ掲載されることが多く、情報のバランスが良いとは言えません。

発注前に品質を予想することが難しい

システム開発は基本的に、そのシステム独自の開発要件を決めて開発を行うオーダーメイドです。
開発要件に加え、スケジュール・予算・デザイン・開発仕様の解像度など多くの内容が品質に影響します。
そのため、発注前に品質を予想することは非常に難しく、品質の良いオフショア開発会社を選ぶことは簡単ではありません。

オフショア開発会社の選び方と比較のポイント

このようにオフショア開発会社の選択と比較は簡単ではありません。
しかし、オフショア開発を失敗しないために、オフショア開発会社選びは非常に重要です。
要点を抑え、慎重にオフショア開発会社を選ぶ必要があります。

オフショア開発会社の選び方と比較で失敗しないためには

・オフショア開発について学習する
・オフショア開発会社のクチコミや評判に関する情報を調査する
・開発を発注する前に詳細設計まで協議を進める

この3つを行うことで、オフショア開発会社を比較しやすくなります。

オフショア開発について学習する

複数のオフショア開発会社に問い合わせした時に、どのオフショア開発会社も契約をするために、セールストークを行います。そのセールストークを全て鵜呑みにするのではなく、発注者側にも内容を判断できる知識が必要です。
オフショア開発会社に、確認する内容について、出来ればシステム開発経験者に確認してもらうことが望ましいですが、それが難しいなら、発注者の学習が必要です。
確認する事項については、プロジェクト開発なら要件や機能ロジックについて確認することも良いです。またラボ型開発であれば、開発の進め方などを確認することも有効です。
開発会社とのお打ち合わせは、オフミツのコンシェルジュが同席して、サポートすることが可能です。
もし、システム開発経験者が同席できない場合は、オフミツの利用をぜひご検討ください。

オフショア開発会社のクチコミや評判に関する情報を調査する

オフショア開発会社の品質や対応を客観的に評価するには、そのオフショア開発会社に依頼したことがある他のお客様の声や評価を聞くことが非常に有効です。
お問い合わせした時に、オフショア開発会社に他のお客様の情報を聞いたりすることも良いですが、その場合は、オフショア開発会社の都合の良い情報になることが多く、バランスの悪い情報になる可能性があります。
出来れば、オフショア開発会社経由ではなく、別の経路で他のお客様の声や評価を調査できると良いでしょう。
発注者からできる方法として、SNSで検索したり、オフショア開発の経験がある会社にメッセージを送ったりしても良いかもしれません。
オフミツでも、他のお客様の声や評判を開発会社の情報と一緒に提供するサービスを行なっております。(全てのオフショア開発会社ではありません)
オフショア開発会社のクチコミや評判は、発注前にチェックできると、非常に有益な情報になります。

開発を発注する前に詳細設計まで協議を進める

オフショア開発を含めてシステム開発を始める場合、プロジェクトごとの開発の場合はシステム開発に関する設計書を作成して開発を行います。
またアジャイル開発などに合ったラボ型開発では、ラボ型開発の進め方や情報共有ルールの作成などを行います。
このように、システム開発では、大きく開発の企画の部分と実装の部分に分かれます。

オフショア開発を発注する場合は、この実装の部分を想像しがちですが、この企画の部分と実装の部分の契約を分けて、オフショア開発会社との相性を見極めることをお勧めします。
企画には、短くとも数週間の時間がかかるため、オフショア開発会社の対応や品質を見極めることができるかもしれません。
プロジェクトを段階的に分けて契約することも、失敗しないオフショア開発会社の選択や比較で重要です。
オフミツでは、このような段階的な契約を行いたい場合、段階的な契約可能なオフショア開発会社の紹介や契約内容の分割のサポートを行なっております。

まとめ

オフショア開発会社の選び方と比較の方法について説明しました。
品質の高いオフショア開発会社を選ぶことは、簡単ではありませんが、いくつかのポイントを気をつけることで、大失敗は避けることができます。
この記事の情報をぜひオフショア開発会社の選択と比較に役立ててください。

関連記事

【オフショア開発失敗事例紹介】 決済サービスの申請トラブル

2022/11/28 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】決済システムの申請トラブル

2022/11/24 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例紹介】テスト後の修正を拒否された事例

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】タスク管理トラブル

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】日本語での情報共有の誤解

2022/11/22 オフショア開発の基本 詳しく