オフショア開発失敗、オフショア開発うまくいくには、オフショア開発会社

【オフショア開発失敗事例】開発サーバー環境でのデータ削除

7 View

この失敗事例はオフショア開発ラボ型でのデータベースのデータの取り扱いで起こった失敗事例です。

オフショア開発だけでなく、システム開発でも起こる可能性のある失敗事例です。

失敗の解説

システム開発を行うときに、ユーザーが実際に使用するサーバーは本番サーバーなどを呼ばれて稼働しています。

その本番サーバーで開発を行なってしまうと、テストや検証ができません、そのため、開発サーバーやステージングサーバーといった検証用のサーバーを用意することが通常です。

この事例では、ステージングサーバーに保存されていたデータを誤って削除してしまった事例です。

お客様は本番環境のリリースを前にしてステージング環境でデータを入力していました。

多くの入力が必要なデータだったため、リリースしてから入力するのではなく、ステージング環境に入力して、リリース前にデータを移してもらう予定でした。

データを入力し終わったころに、ステージング環境を開発者が初期化してしまい、データが消えてしまった事例です。

プロジェクトの主な問題

ステージング環境に保存してあるデータが、本番用のデータなのか、テスト用のサンプルデータなのかは日本語を見れば、おおよそ分かります。

しかし、ベトナム人開発者は、日本語が読めないため、そのデータがサンプルデータと誤解して削除してしまったことが主な問題です。

具体的な対策方法

様々な原因や対策方法があります。データベースの権限の対策やデータのバックアップなどルールや設定に関するものが手頃でしょう。

特にデータバックアップはルール化しておく必要があります。

その後のプロジェクトの経過

削除されたデータは、バックアップをとっていなかったため、復旧できません。

再度データ入力を行いました。

関連記事

【オフショア開発失敗事例紹介】 決済サービスの申請トラブル

2022/11/28 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】決済システムの申請トラブル

2022/11/24 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例紹介】テスト後の修正を拒否された事例

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】タスク管理トラブル

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】日本語での情報共有の誤解

2022/11/22 オフショア開発の基本 詳しく