オフショア開発うまくいくには、オフショア開発スタートアップ、オフショア開発会社

【オフショア開発失敗事例紹介】 メールが迷惑メールに振り分けられる不具合

10 View

こんにちはオフラボの花井です。

今回はオフショア開発の失敗事例30選の中からメールが迷惑メールに振り分けられる失敗事例について説明をしていきます。

オフラボの紹介

1人1ヶ月から始めるオフショア開発ラボ型【オフラボ】

https://off-lab.jp/

この失敗例はシステムの中から送信するメールが迷惑メールに振り分けられてしまうという事例です。

このような不具合はよくあることですがオフショア開発の開発の現場でも度々起こる不具合になります。

なぜメールが迷惑メールのトラブルが発生するのか?

メールの設定などに不備がある

メールが迷惑メールに振り分けらる原因として、メールの送信元の認証に不備があることが少なくありません。

送信するサーバーやドメインなどの設定が必要です。

その設定を行なっていない場合やミスがある場合に迷惑メールに振り分けられる可能性が高くなります。

オフショア開発会社のテスト不足

オフショア開発会社の開発者が、テストの際に迷惑メールに振り分けを確認していないことが原因の一つになります。

オフショア開発会社はテストが苦手です。

そのため、日本の開発会社と比べるとテストの不備やテストのチェック漏れが非常に多いです。

この失敗事例でも迷惑メールの確認していなかったことで問題が大きくなりました。

メールが迷惑メールに振り分けられていないかをテストで確認するように指示することが重要です。

日本のメールサーバーを使用する問題

この迷惑メールに振り分けられるもう一つの理由としてはメールサーバーを日本のサービスを使っていることが原因になる場合があります。

日本のメールサーバーサービスを利用する場合、サポートページが日本語のみが記載されている場合も多く開発者が誤解する場合もあります。

そのためメールの設定を間違えて、が迷惑メールに振り分けられる不具合に繋がります。

このように単にメールが迷惑メールに振り分けられる不具合についても様々な理由が考えられます。

そのため、あらかじめ、迷惑メールには問題が生じやすいことを理解して、正確な指示を出すことが重要です。

まとめ

今回はオフショア開発の失敗事例の中で迷惑メールに振り分けられる失敗事例について説明をしました。

オフラボでは、メール設定などのトラブルにも対応して開発を行なっています。気になる方は下記からお問い合わせください。

オフラボ

https://off-lab.jp/

関連記事

【オフショア開発失敗事例紹介】 決済サービスの申請トラブル

2022/11/28 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】決済システムの申請トラブル

2022/11/24 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例紹介】テスト後の修正を拒否された事例

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】タスク管理トラブル

2022/11/23 オフショア開発の基本 詳しく

【オフショア開発失敗事例】日本語での情報共有の誤解

2022/11/22 オフショア開発の基本 詳しく